ポケモン

あるけ!カイリキーくん(許すなシャンデラ編その1)

 

こんにちは、ポポポです。今日はたわしさんに続いて2つ目の記事投稿です。

今回は憎きシャンデラ戦についてご紹介します。

 

FP編

 

基本的にホーミング格闘や歩きで近づきつつ弾をガードしながらじりじりと寄っていきましょう。サイドステップで躱そうとしても鬼のフロントシュートが逃がしてくれません。弾もよほど離れていない限り横移動で避けられません。このあたりはカイリキーの宿命みたいなものなので割り切りましょう。

シャンデラのフロントシュート。ビームなのにブロック貫通とガードクラッシュ可能な技。撃たないで。

ジャンプ格闘は相手のシュート・フロントシュート・中距離の鬼火に対して使っていきましょう。フロントに関してはこれくらいしか手段はありませんが、見てからはまず無理なので読みが必要になってきます。ガードが次のフロントで割れそうなときなどはダメージ覚悟で突っ込めばなにか起こるかもしれません。待たれていたら十中八九バックシュートが待ち構えています。

シャンデラのバックシュート。頭無敵があるため空手チョップが透かされることもままあります。

 

ある程度近づいても油断できません。距離を離すためのスモッグ・バックシュート・ブロック貫通、ガードクラッシュ付きの溜めサイドシュートの存在があるからです。

対策としてはこちらのフロントシュートがギリギリ当たる距離で置くことでバックシュートをかき消しつつ反撃したり、スモッグをジャンプで躱しつつジャンプ格闘を当てる、CXの頭無敵で溜めサイドシュートを潰すなど。ただ、溜めサイドは距離によってはガード後投げが確定したり、タイミングによっては空手でバックシュートを潰せるなんてこともあります。

基本的にFPは不利ですが、できることが完全にないわけではありません。諦めない心と常に考えることが大切です。

DP編

中距離がかなりしんどいですが、近づけばチャンスタイムです。FPと同じくじっくり近づきましょう。

なんといっても鬼火がきついです。前転の弾無敵が短いため躱すのが難しく、溜めてタイミングをずらすこともできるためあまり現実的ではありません。垂直ジャンプでやり過ごしつつ時にはめざましビンタでこちらもタイミングをずらし着地狩りを凌ぎましょう。撃つのがわかったらヘビーボンバーをぶつけるのも手です。

鬼火。あまりにも…。

中距離の5Y、2Y、たたりめも厄介。特に先端部分が届く距離だとたたりめの範囲内になります。前転で強引に5Yを躱しつつ前転Xで触りに行ったり、2Yを伏せで取ったり、たたりめを飛んで躱したり6Xや2Yで拒否するなどありますが、相手の癖を上手く読みつつ対応していきましょう。

シャンデラの5Y。この距離で飛ぶとこれか8Yが阻んでくる。

 

上手く近づいた後ですが、基本はいつもと変わりません。リバサのオーバーヒートに対して予めジャンプやバクステができておくとおいしいです。また、シャンデラには最速技が存在しないため、こちらの6YYY・8X・4X(無派生)のガード後の反撃確定を取ることができません。2Xも先端部分だと15Fで間に合う技がないため、不利を背負うことにはなりますが充分使っていけます。

 

さいごに

はじめの一歩の真柴VS木村みたいな試合展開になるという話でした。きっと長くなるので2つにわけます。

何か質問やご要望などあれば僕のTwitterかカイリキー窓でご報告ください。カイリキー窓の招待リンクをプロフィールに固定しているのでカイリキーに興味のある方は是非。

次回の記事は5月に迫ったあの大会についてです。お楽しみに。

ABOUT ME
Popopo
Popopo
自称関西ポッ拳勢のにぎやか担当。ポッ拳はアーケードから。JAN拳という関西ポッ拳イベントのスタッフ見習いをしています。持ちキャラは戎崎氏と同じくカイリキー。