【ポッ拳DX】フレームを理解して駆け引きをより楽しもう!

はじめに

どうも!今回が3回目の記事となります。たわしです。
さて、前回の記事でも少し触れたように
ポッ拳では通常攻撃ブロック攻撃掴み攻撃の3つの属性からなる、
3すくみのじゃんけんが駆け引きの基本となっています。

とはいえその相性関係は分かっていても、「いつ来るかも分からない攻撃に合わせてブロック攻撃を使ったり、
ブロック攻撃を見てから掴みなんて無理!」と感じている人も中にはいるのではないでしょうか?

ポッ拳を始めたばかりの人は、基本となる3すくみの相性が重要ということは分かっても、
それらをいつどのタイミングで出すべきなのかよく分からないでいる人が多いように思えます。

実は、基本となる3すくみの駆け引き及びにポッ拳の駆け引きをより深く楽しむためには「フレーム」について理解を深める必要があります。
今回は、主にポッ拳を始めたばかりのプレイヤーに向けて、
ゲームの駆け引きを面白くしてくれる要素であるフレームについて書いていきたいと思います。

フレームってどういうもの?

フレームというのはこのゲームにおける時間の概念です。

ポッ拳では1秒間に60枚の静止画をパラパラ漫画のように連続で流すことで映像を作っており、
その為ゲームにおけるすべての行動がこのフレームという単位で表現することが出来ます。
1秒間に60フレームということは1F(フレーム)は1/60秒、6F(フレーム)で0.1秒と非常に小さい時間の単位であることが分かりますね。

さて、相手の行動を見てからブロック攻撃掴み攻撃も出せないのに、
フレームなんてもっと短い時間の概念を考えなければいけないなんて難しすぎる!
…と思った方もいるでしょう。ご安心ください。

ポッ拳におけるフレームの活用法というものは実は基本的に、
高度な反射神経や目押しなどの技術が重視されるものではなく、
むしろ駆け引きの根幹となっている要素です。

フレームの理解を進めることで、今まで、いつ何をするかも分からない相手の行動を見てから必死に反応したり、
ほとんど勘任せの3すくみじゃんけんをするしかなかった部分が、
奥深くて面白い駆け引きの要素に段々変化していき、よりゲームを楽しめるようになるでしょう。

その前に…テンキー表記について

この記事では所謂テンキー表記を使用しています。

これは、そのまま技名を出すと表記が長くなってしまうのを避けるめにPCのテンキーに見立てて方向を数字に置き換えて表記する手法で、
このゲームでは基本的にデュエルフェイズでの操作表記で使用されます。

方向キーを入れる方向が、それぞれテンキーの数字に対応しており、コマンドはキャラが右向きの場合で表記されます。

ジャンプは【J】、ボタン長押しで出せるためYやためXは【CY】【CX】という表記が主流で、
またRで空中行動が出来るキャラの場合は、コマンド中にRが入ります。

慣れないうちは戸惑うかとも思いますが、非常によく使われる表記なので覚えておくと良いでしょう。

技の発生速度の違いと行動順

さて、いきなりフレームはゲームの駆け引きの根幹となる部分と言われても、
格ゲーなどに馴染みのない方にとってはよく分からないことかと思います。
まず最初はフレームの事については一旦忘れて、対戦をする上で知っておきたいこのゲームの仕様について理解していきましょう。

 

このゲームでは、攻撃が発生する速度は技ごとに設定されており、
基本的に攻撃を相手より先に当てると技を出す途中でも相手が怯み、一方的に攻撃が出来ます。

つまり相手より先に攻撃を当て続けることが出来れば一方的に攻撃が行えるのですが、
状況次第では例え最速の技を出したとしても相手の攻撃と相打ちになったり、逆に相手の方が先に動ける場合があります。

相手より先に攻撃を当てるために重要になってくる考え方が、自分と相手の行動順です。

同じくらい発生の早い技を出し合った場合、先に動ける方…行動順で有利な方が一方的に攻撃を行えます。

そしてこの行動順を決めるのが相手と自分との硬直差

この硬直差が主に発生する場面が

・攻撃をガードした(された)とき

・攻撃を当てた(当たった)とき

・ダウンした相手の起き上がりに攻撃を重ねた(重ねられた)とき

この3つです

有利不利の変動と3すくみの相性関係

単発攻撃後の有利不利

攻撃を当てると行動順で有利を取ることができ、その後も先制して攻撃をしたり、コンボに繋いだりすることが出来ます。

反面、自分の単発攻撃をガードされた時は、基本的に行動順で不利を背負います。
(一部ため攻撃やバーストアタックなど例外あり)

相手の攻撃をガードし、こちらが先に動ける状況を作ることが出来れば攻め込むチャンスです。
相手のブロック攻撃などでの反撃を警戒しつつ、出の早い通常攻撃掴み攻撃攻めていきましょう。

派生攻撃後の有利不利

Yボタン連打で出せるポケコンボなど、一部の技は連続して派生攻撃を出すことが出来ます。

連続して出せる技の多くは攻撃を当てた場合そのままコンボとして繋がり、
更に基本的にガードをされても次の攻撃を先に当てることが出来ます。

反面、派生攻撃として連続して攻撃を行えるものは、
ステップやポケモン技に派生出来るものなどもありますが、基本的には取れる行動が大きく制限され、
途中でブロック攻撃などを割り込まれやすいのが欠点です。

派生攻撃を出さない場合単発攻撃と同じように基本的に不利を背負うことになります。

有利不利を考慮した3すくみの相性関係

自分が不利の時、相手が出の早い通常攻撃を使っていた場合こちらの通常攻撃は発生速度で負けてしまいます。

相手の通常攻撃を防ぎ行動順有利を奪ったり、即座にカウンターを行うには
ガードやブロック攻撃が有効ですが、
それを読んで相手が掴み攻撃をしてくると負けてしまいます。

三すくみの関係は行動順の有利不利で意味合いと強さが変わってくるという訳ですね。

3すくみの相性関係を行動順の有利不利を考慮して考えるとこのようになります。

特に注意したいのが、行動順で不利を背負った時の掴み攻撃は相手の攻撃に対して勝つ可能性がほとんどないという点です。
行動順で不利を取った時は掴み攻撃を基本的に出さないようにしましょう。

起き攻めでの有利不利

この有利不利の関係は起き攻めでのじゃんけんでも同じように発生します。

起き攻めでは有利側がより強い通常攻撃を重ねることが出来たり、
ブロックに対して負けないような選択を取りやすくなっている為、有利不利の関係が更にはっきりします。

相手をダウンさせて強い起き攻めを仕掛けることや、
相手の強力な起き攻めの対策を覚えることは、より強くなるためには非常に重要です。
いきなり色々覚える必要はありませんが、ゆくゆくは覚えていけると順調に強くなっていけるはずです。

ここまでのまとめ

一旦ここまで説明してきた仕様で特に重要な部分をおさらいします。

単発攻撃をガードされた後、何も考えずに攻撃を続けると相手の通常攻撃に負けてしまうので、
ブロック攻撃やガードを使うことも考える。

・ポケコンボなど派生攻撃のある技で相手が攻めてきたら合間にブロック攻撃を挟んで迎撃。
逆に自分が使うときは相手のブロック攻撃などを警戒していく。

・行動順で不利を取った時は掴み攻撃を基本的に出さない。

・起き攻めは非常に強力。強い起き攻めを仕掛けたり、
相手の起き攻めを対策するとより強くなれる。

 

さて、今まで硬直差から生じる行動順の有利不利について中心的に書いてきましたが、
この行動順有利を一般的に有利フレーム
行動順不利をフレームと言います。

技の発生速度(発生フレーム)に加え、硬直差による数フレームの行動順での速い遅いの関係によって、
実際に相手より先に攻撃できるか否かが決まっていたという訳ですね。

硬直差による行動順の有利不利は実際には目に見えないほど僅かな差ですが、
硬直が解けた後の攻防が重要なこのゲームでは、
反射神経や目押し技術などがなくても僅かなフレームの差が立ち回りや駆け引きに大きく影響を及ぼします。

感覚的には技選択は同時でも素早さの数値で先手後手が決まるポケモン本編のターン制に近いものでしょうか。
ポッ拳の場合その先手後手を意識して、上から攻撃をするかガードやブロックで切り返しを狙うかといった攻防が基本的な駆け引きのゲームとなっています。

いきなり多くの事を書いてきましたが、
勿論始めたばかりですぐに色々なことを覚える必要はありません!
自分の楽しめるペースでゆっくり覚えていくだけでも確実に強くなれるはずです。

次のページへ

アバター

本編やポケカも嗜むポケモンプレイヤー ポッ拳はswitch版から始めた。 ポッ拳プレイヤーとしてだけでなく、ポケモンファンとしてポッ拳の魅力を伝えていければと思います。 好きなポケモンはフシギダネとスイクン ポニータ石井が好き