ポケモン

2つの強力な技を攻略せよ!ルカリオのバシャーモ対策!!

 

はじめに

みなさん、こんにちは。クロスいがらしです。

ルカリオのキャラ対策シリーズ、今回は自傷しながら高火力で相手を圧倒する熱血ファイター“バシャーモ”の対策について紹介していきます。

バシャーモは空中ダッシュを使ったテクニカルな動きから、“ブレイズキック”を軸としたゴリゴリの押しまで、攻めに特化したポケモンです。その破壊力は実際のダメージはもちろんメンタルにまで及び、こと大会においては相性以上の恐怖となる存在と言えるでしょう。

この記事ではそんなバシャーモの攻めの中でも特に気を付けたい攻撃の対策を紹介していきます。ぜひここで学び、猛攻への対策を身につけていきましょう!

 

オススメの応援とサポート

このシリーズで度々登場していますが、ズバリ“特殊型イーブイ”です!

特殊型は言わずもがな共鳴を躊躇なく使えることが強みですが、今回特筆すべきは“イーブイ”の持つ強みです。

攻撃力アップのグッドステータスは共鳴中の相手にも弱攻撃でひるませることができることから、こちらが不利なフィールドフェイズ(以下FP)を取られてからのデュエルフェイズ(以下DP)での共鳴によるゴリ押しといった負け筋になりやすい状況をカバーしやすいためです。

メガバシャーモ相手に構え弱攻撃(上Y,8Y)が使えるようになることは非常に立ち回りを楽にしてくれるので、ぜひともイーブイを選びましょう!

 

フィールドフェイズにおけるブレイズキック対策

FPはホーミング格闘の発生速度差やこちらが技を当てにくい位置から攻撃してくる空中格闘(JX)などの存在から、ルカリオ側が苦戦を強いられることが多いです。

特に“ブレイズキック”は自傷こそあれどガードしたこちらのダメージも大きく、発生も速いことから連続で攻撃を受けやすいという非常に厄介な攻撃です。ブロック攻撃で反撃しようものなら、反応のいい相手なら“フレアドライブ”に派生し、ブロックを貫通してくるでしょう。

しかし、これには攻略法があります。鍵となるのは横ホーミング格闘(横X)です!


“ブレイズキック”はルカリオの通常攻撃のほとんどより速いため反撃できない。ところが横ホーミング格闘をすると……


“ブレイズキック”を避けつつ攻撃することができる

一度これを見せると相手は“ブレイズキック”の連発を控えるようになります。そうして初めてブロック攻撃が使用できるようになり、強いては掴み攻撃と合わせた三竦みに持ち込むことができます。

読み合いにさえならないという状況が一番辛いので、しっかり知識を見せ読み合いになるようにしていきましょう。

 

出し得技バーストアタックへの対策

“ブレイズキック”はもちろん、中距離からの突進技として使いやすい“ブレイブバード”の存在により、防戦になると密着状態になりやすいのがバシャーモ戦です。しかしこれらの技はルカリオの構え弱攻撃に弱く、当たれば“ボーンラッシュ”のコンボで200以上のダメージを与えることができるため、DPは一転してルカリオが有利と言えます。

しかし、全てを構え弱攻撃で反撃できるはずもなく、時にはガードして密着状態になることもあるでしょう。そこで特に気を付けたいのが、メガバシャーモの“バーストアタック”です!

なんとこの技は相手にガードされてもバシャーモに移動速度アップのグッドステータスが付与されるため、密着状態では出し得技として使用されることも多い技です。

そんな強力なメガバシャーモの“バーストアタック”ですが、なんと“ブレイズキック”“ブレイブバード”それぞれのガード後において、特定の行動をすることで空振りさせることが出来ちゃいます!

“ブレイズキック”ガード後は前ジャンプで飛び越え可能

“ブレイブバード”ガード後はバックステップ2回で回避可能(ただし壁を背負っているときは逃げられないので注意)

回避後は各種強攻撃で反撃をすることで、フェイズチェンジまで以降させることが可能です。この回避方法は全てのポケモンで出来ることではなく、ルカリオだからこそ出来ることでもあります。

どちらも入れ込みでの操作が前提になりますが、相手の共鳴ゲージがなくなりそうな時など、使用されやすい状況を予測できれば効果的に働くでしょう。ぜひ対策の一つとして組み込んでみてください。

 

総評

ルカリオはその優秀な構え弱攻撃の存在から、バシャーモに対して有利と言われています。

私もその意見には概ね同意ではあるものの、圧倒的な火力とFPでの不利から決して大幅に有利とは言い切れません。

ルカリオのキャラクター対策全般に言えることですが、上下の読み合いや間合い管理など、伏せ弱攻撃(下Y,2Y)と構え弱攻撃の強みをよく理解したうえで初めて有利と言えるだけの組み合わせになることでしょう。どのポケモンに対しても大幅に有利・不利となりにくいルカリオだからこそ、最後に勝敗を分けるのはプレイヤーの地力です。

↑構え弱攻撃による対空後の“ボーンラッシュ”のコンボ。ヒット数でダメージはこんなにも変化する

コンボ練習一つ取っても、ただの基礎練と侮らず地道な練習を続けて少しでも与えるダメージを増やしていきましょう。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

バシャーモ相手に苦手意識を持っているプレイヤーは、FPでの不利とそれによって溜められた共鳴によるゴリ押しで何もできないという印象が強いのではないでしょうか。

もちろんそうやって負ける時もあるけども、一人でも多くのルカリオ使いがルカリオだって強いんだぜ?と、自信を持って言えるきっかけになれれば幸いです。
これからも楽しくバトルができるように程よく腕を磨いていきましょう!

ABOUT ME
CrossIgarashi
CrossIgarashi
ポッ拳プロプレイヤーの1人。パートナーはルカリオ。プレイヤーとしてトップを目指し修行する傍ら、ユーザー大会『カントートーナメント』のスタッフも務める。優勝経験は2対2のチーム戦EVO JAPAN2018と、アメリカで行われたSwitchFest。