ポケモン

これぞ強キャラ!ウルトラスタンダードポケモン”ルカリオ”【紹介編】

はじめに

みなさん、こんにちは。クロスいがらしです。
今週から3週に渡り、ルカリオに焦点を当てた情報をお伝えしていこうと思います。
サブキャラなしに国内外で私を優勝まで導いてくれたその強さをお伝えしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。
技については正式名称とは別に、コマンドやテンキー表記も()でお伝えしますので、余裕がある方は一緒に覚えていきましょう。

 

ルカリオの基礎ステータス

・タイプ:スタンダード
・体力:600
・共鳴ゲージ:やや溜まりやすい
・共鳴時間:13秒
・移動速度:やや速い
・構えの効果:共鳴ゲージが少しずつ溜まる
・伏せの効果:上段攻撃を避ける

ポッ拳界の主人公的ポジションのルカリオですが、タイプのとおりステータスは標準的で、可もなく不可もなくといったところ。
近距離技だけでなく遠距離技も持ち、まさにオールラウンダーなポケモンです。
一見器用貧乏に見えますが、強さの本質はこの弱点のないステータスから繰り出される各種攻撃技にあります。
次はその技について紹介していきましょう。

 

優秀な性能を持つ小技の数々

ルカリオはYボタンで出す攻撃に強力なものが多く、少ないリスクで火力を取りやすいものが揃っています。

Yボタンの連打で大ダメージが出せる弱攻撃(5Y)
発生が速く、相手をダウンさせたり、壁に張り付けることができる前弱攻撃(前Y,6Y)
対空から大ダメージコンボに繋げることができ、ガードされても隙ができない構え弱攻撃(上Y,8Y)
発生が速く、全体フレームが非常に短いことに加え、リーチに優れる伏せ弱攻撃(下Y,2Y)

このように非常に優秀な技が揃っていますが、特筆すべきなのは伏せ弱攻撃(下Y,2Y)でしょう。


↑その性質から、とりあえず置いておくだけでも相手は近付きづらい。

最初に覚えるキャラ対策である隙の大きい技への反撃は、まずはこの技を使うだけでOK!
そのリーチにより、ガード後の距離を気にせず反撃できるのは他のポケモンにはない大きな強みです。
この技を使うことで立ち回りガード後の反撃という強くなるための基礎が自然と身につくので、ルカリオは初心者に最もオススメしたいポケモンです。

 

共鳴バーストが強力

ポッ拳最大の山場にしてチャンスである共鳴バースト。
ルカリオはこれを使うことで各種攻撃が大幅にパワーアップします。
中でも特筆すべきなのは、リーチと範囲に優れる前強攻撃(前X,6X)と、威力が大きく上昇するデュエルフェイズ(DP)でのつかみ攻撃です。

まず前強攻撃(前X,6X)ですが、突進攻撃としての前に進む動作に加え、青い波動のエフェクトが追加されたことでそのリーチはさらに長くなっています。
この技はポケモン技(Aボタンで出す技)に繋ぐことができる他、バーストアタックに繋ぐこともできるため、相手のブロック攻撃を抑制することもできるのが大きな強みです。


↑上にも判定があるため、相手のジャンプを落とすこともできる。

また、強力になったつかみ攻撃は通常攻撃との択掛けを行い、相手へのプレッシャーを与えるうえで非常に有効な手段です。
この存在があることで相手はガードばかりするわけにはいかなくなるため、通常攻撃が当たりやすくなるという読み合いが発生します。
このようにルカリオは、共鳴中は中・近距離が大幅に強化されるため、共鳴バーストの強みを実感しやすい言えるでしょう。


↑サポートポケモンによるステータスアップや、自身の体力ゲージが赤色になった時に使用すると、相手の体力3分の1を減らすほどの威力になることも。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。
弱点のないステータスから繰り出される強力な技の数々はあらゆるポケモンに対応できることから、国内外のトッププレイヤーの間でも、ルカリオは強いキャラクターとして認知されています。
その強さはまさにウルトラスタンダードと呼ぶにふさわしいでしょう。
まだポケモン選びで迷っている方には、かっこよくて強いルカリオをオススメしますよ!
次回はコンボについてお伝えしていきますので、来週も楽しみに待っていてくださいね。

ABOUT ME
CrossIgarashi
CrossIgarashi
ポッ拳プロプレイヤーの1人。パートナーはルカリオ。プレイヤーとしてトップを目指し修行する傍ら、ユーザー大会『カントートーナメント』のスタッフも務める。優勝経験は2対2のチーム戦EVO JAPAN2018と、アメリカで行われたSwitchFest。