ポケモン

鉄壁を崩せ!ルカリオのスイクン対策!!

 

はじめに

みなさん、こんにちは。クロスいがらしです。
今回の対策相手は美しすぎる水の要塞“スイクン”
弾キャラを倒す弾キャラと呼ばれることもあるスイクンは守りが得意なポケモンです。特にデュエルフェイズでは弾を避けながら弾を撃ってきたり、接近したい相手を妨害するような技を持っています。
踏み込みのタイミングを見つけられないと一方的に捌かれることもあるので、この記事で学び突破口を開いていきましょうね。
それではルカリオのポケモン対策第2弾、VSスイクン始めていきましょー!

 

オススメの応援とサポート

ズバリ、応援は特殊型、サポートポケモンはジラーチです!

スイクンとの対戦は立ち回り上、長期戦になりやすいのが特徴です。ルカリオが追う側、スイクンが守る側になりやすいので、守りを崩せるサポートがほしいですね。
こう聞くとイーブイが最適と感じる人もいるかもしれませんが、ジラーチは共鳴中に限りますが“防御力も上げてくれる”というメリットがあります。
スイクンは共鳴が溜まりにくく、ルカリオに比べて共鳴状態が強力なポケモンではないので、少し無茶が通せるようになるジラーチがオススメです!

 

フィールドフェイズは横に歩くべし

まずフィールドフェイズ(以下FP)ですが、正面から突っ込もうとせず横に歩きながら近付きましょう。スイクンの飛び道具のほとんどは追尾性能がなく、横に歩くことで回避できます。
そして目指す距離感はこのくらい!

これが何の間合いかというと、ルカリオのサイドシュート(横Y)がガードされても確定で反撃を受けず、スイクン側がサイドシュートを見てからミラーコートで反応しにくい間合いです。
迂闊な弾撃ちは強力なカウンター技であるミラーコートの餌食になりますが、相手が反応できなければ問題ありません。

弾さえ撃たなければミラーコートは無防備を晒すだけなので、サイドシュートを意識させながらAボタンに指を置きつつ、ミラーコートを空振りしたスイクンにボーンラッシュを差し込めるとより良いですね。
接近戦になるとほぼ互角なので、そこに至るまでの中距離で差をつけましょう!

 

ブロックとバックジャンプの攻略

デュエルフェイズ(以下DP)ではルカリオの伏せ弱攻撃(下Y,2Y)が非常に強力なため、スイクンはそれを嫌って二つの行動を中心に立ち回ってきます。それは”ブロック攻撃”と”バックジャンプ”!
スイクンのブロック攻撃はリーチが非常に長い突進攻撃であり、さらにYボタンで斜め上に突進することもできる他のポケモンにはない特徴を持っています。
またバックジャンプ中に繰り出す空中弱攻撃(JY)は、当たれば着地後に他の攻撃で追撃できる他、斜め下に素早い弾を撃てるので逃げながら攻撃することができます。しかも着地隙がなく、ブロック攻撃で受けても反撃はできません。

そんな二つの行動に対抗する手段としてオススメしたいのが”ボーンラッシュ”!
ガードを駆使しながら伏せ弱攻撃で牽制をしつつ、それを嫌ってブロック攻撃を使ってきたらその出だしを潰します。一見通常攻撃には無敵に思えるブロック攻撃ですが、当たり方によっては受けきれないんですね。
またスイクンのブロック攻撃は強力ですが、溜めないと反撃が確定してしまうため攻撃する場合は溜めてから使うことが多いことを覚えられれば潰せるタイミングを掴みやすくなりますよ。

一方バックジャンプは最もリスクが少ない行動なので、対策は容易ではありません。ただ最も安全なだけに最も使いすぎてしまうという弱点があります。
ある程度近付いたらタイミングを見てAボタンに指を置き、相手がバックジャンプをしたのを確認したらすかさずボーンラッシュ振り上げ派生を出しましょう。

相手の着地前に出すことができれば、そこからコンボで大ダメージを与えることができます。やや反応を求められる対策ですが、コツは十分に接近してから予測を立てることと、ボーンラッシュ振り上げ派生を即出しすること!そうすることでスイクンの攻撃を避けながら攻撃できるので、多少反応が遅れても攻撃を当てやすくなりますよ!
ボーンラッシュはガードやブロックをされると反撃を受けてしまうので、少し反応が遅れてもいいので必ず相手が動いたら使いましょう。



弱攻撃(Y,5Y)が届くくらいの距離まで近付けるとバックジャンプに合わせ潜り込みやすい。

 

総評

一般的にはルカリオ対スイクンはルカリオが有利と言われていますが、押し付けができる相手ではないのでルカリオが対策を求められている点に注意が必要です。
スイクンは守りが強い代わりに攻めなければいけない状況が苦手なので、体力状況で優位に立てたら無理に攻めすぎないことも大切ですね。
そういった意味でも体力や時間、間合いや共鳴ゲージなどの状況把握が大切になってくる相手と言えます。スイクン対策が上達すると、自然といろんな要素を見ることができるようになっていきますよ。
まずは多くを意識し過ぎず、FPでは横に歩く。DPではブロック攻撃とバックジャンプにリスクをつける。これを意識しつつ、ジラーチで強化したメガルカリオが出せれば勝利は目前です!

 

おわりに

いかがだったでしょうか。
前回のリザードンに比べると少し難しいと感じた方も多いかと思います。
キャラクター対策は自分のパートナーを理解して初めて出来ることなので、難しいと感じた時はもう一度パートナーの理解に立ち返りましょう。
そして、諦めずに続けることこそが強者への資格です。あなたとパートナーがかっこよく活躍するその時まで頑張りましょう!
次回もお楽しみに!

ABOUT ME
CrossIgarashi
CrossIgarashi
ポッ拳プロプレイヤーの1人。パートナーはルカリオ。プレイヤーとしてトップを目指し修行する傍ら、ユーザー大会『カントートーナメント』のスタッフも務める。優勝経験は2対2のチーム戦EVO JAPAN2018と、アメリカで行われたSwitchFest。