我慢強さと力強さ!ルカリオのリザードン対策!!

 

はじめに

 みなさん、こんにちは。クロスいがらしです。
 今回からルカリオの各ポケモン対策について書いていこうと思います。
 これまでの私が書いた初心者向けの内容が出来ている前提となる部分もあるので、まだ出来ていない人は無理しないようにしてくださいね。
 まずは自分のパートナーの理解。その先で相手の対策を練っていきましょう。
 それではルカリオのポケモン対策第1弾、VSリザードンいってみましょー!

 

オススメの応援とサポート

 ズバリ、応援は特殊型、サポートポケモンはイーブイです! 

まずはこれ!絶対に腐らないサポートと応援スキルの選び方

 この記事でも触れている基本中の基本とも言える構成ですね。
 Yボタンで繰り出す技を多用するので、イーブイを採用しています。ルカリオは共鳴バーストが強いのでジラーチもいいのですが、リザードンと同時に共鳴すると腐ることがしばしばあります。
 共鳴での殴り合いやサポートを用いた攻略ではなく、あくまで通常ルカリオ単体での攻略を主体としていきましょう。その力添えとしてイーブイは最適解とも言えるサポートです!

 

我慢比べのフィールドフェイズ

 最初から答えを言います。
 フィールドフェイズ(以下FP)で最も警戒すべきリザードンの技は“ジャンプシュート”です!
 空中で移動しながら攻撃することができ、手前や奥にある程度狙いを定めることもできる非常に厄介な技です。
 気が付けば防戦一方。このまま何も出来ずに攻撃を受け続けるのか!?と感じることも多いのではないでしょうか。

 しかし、ここでルカリオの体力を見てみましょう。ガードしても体力は減っていません。
 さらに、このゲームにはガードクラッシュといってガードし続けると破られるという特性がありますが、どんなに当てても一部の技はガードクラッシュができません
 リザードンのジャンプシュートはガードクラッシュができない技なので、ガードばかりになっても決して自分が不利になっているわけではないことを理解しておきましょう。
 とはいえ「こちらの攻撃が当たらないんじゃ逃げられて負けじゃない?」って、思っちゃいますよね。
 そこで教えましょう。ジャンプシュートに攻撃する超重要テクニック“横ホーミング格闘”!

 リザードンがジャンプシュートを撃つとき、壁に追い込まれると必ず後ろに下がりながら撃てない場面が出てきます。
 その時は横に移動しながら撃ってくるので、相手が移動する方向と逆方向にボタンを押しながらXボタンを押しましょう!
 こうしてリザードンの強い技にリスクをつけつつ、接近戦に持ち込めればルカリオに分があります。
 焦らず守りを固めつつ近付き、接近戦をせざるを得ない状況に持ち込むことがFPにおける対策です。

 

攻めたもん勝ちのデュエルフェイズ

 デュエルフェイズ(以下DP)では、一転して非常に有利と言えます。
 その理由はルカリオの素早く隙の少ない攻撃の数々は、切り返しの弱いリザードンでは対応するのが難しいからです。
 そのためダウンから起き上がる相手への攻撃を除き、Xボタンで出す技以上にYボタンで出せる技を中心に攻めることをオススメします。
 遠距離では攻め手に欠け、中距離ではリザードンの尻尾での攻撃を受けやすいので、接近戦を仕掛けるのが有効です。ガンガン攻めることを意識し、相手を防戦一方に追い込みましょう!
 ただし、慣れていないうちに受けやすいのがリザードンの“ほのおのパンチ”。これを対策できないと大ダメージを受けてしまいます。
 そこで使えるのが、前入れ溜め強攻撃(6X)やYボタン2回押しで攻撃した際のしんそく派生!

 ほのおのパンチ自体は伏せることでも回避できますが、立ち回りで使われる技ではないので、このしんそく派生による対策は必須に近いです。
 幸い前入れ溜め強攻撃やYボタン2回での攻撃は単発でない分、ヒット確認がしやすいというメリットがあります。
 多少反応速度を求められますが、全く意識しないのと意識するのとでは成功率が変わるので、事前に知識として入れておきましょう。

 

総評

 対リザードンはルカリオにとって有利に運びやすいカードだと思います。
 しかし、中級者以下の方でよく引っかかりやすいのがFPです。
 DPと異なり“ルカリオが対策する側”に回るので、要点を抑えていないと一方的に攻撃を受けてしまいます。
 さらにリザードンの共鳴は非常に強力なので、圧倒的攻撃力でなぎ倒されたり、滑空により逃げ切りタイムアップ負けとなることも……
 上記の対策をこなしつつ、余裕があればフィールドにある共鳴石を拾って共鳴ゲージを回収することに挑戦してみましょう。
 そうしてFPを制すことができれば、有利なDPでは多少ミスしても十分にリカバリーすることが可能です。
 総合的に見て有利な相手だからこそ、有利を押し付ける以上に負け筋になりやすい不利な部分を重点的に潰していきましょう。

 

おわりに

 いかがだったでしょうか。
 冒頭にも書いたとおり、相手の対策は自分のパートナーを理解していることが大前提です。
 これが出来ていないうちに対策を練っても、それはキャラ対策ではなく人読みであるケースがほとんどでしょう。
 数をこなすことと、こういった攻略情報を見ることを交互に繰り返すこと。
 そうして初めてキャラ対策はあなたの力となって体に染みついていきます。
 焦らずじっくりと修行を積んでいきましょうね。
 次回もお楽しみに!

CrossIgarashi

ポッ拳プロプレイヤーの1人。パートナーはルカリオ。プレイヤーとしてトップを目指し修行する傍ら、ユーザー大会『カントートーナメント』のスタッフも務める。優勝経験は2対2のチーム戦EVO JAPAN2018と、アメリカで行われたSwitchFest。