ポケモン

フィールドフェイズの技を紹介!【ジュカインは神(技紹介編②)】

はじめに

前回から引き続きジュカインの技紹介記事です。今回はフィールドフェイズ(以下、FP)で使える技についてざっくり紹介。

テンキー表記を使用します。分からない方はこちらを参照してください。

【ポッ拳DX】フレームを理解して駆け引きをより楽しもう!はじめに どうも!今回が3回目の記事となります。たわしです。 さて、前回の記事でも少し触れたように ポッ拳では通常攻撃、ブロック攻...

シュート攻撃

通常シュート

5Y。葉っぱの手裏剣状の弾を飛ばして攻撃。前方に進んだ後左右に逸れるという独特の軌道で飛んでいくため攻撃範囲が広めなのが特徴。ただし弾強度は低く相手の弾と干渉すると大抵撃ち負ける

ステップ、ポケモンわざ、フロントシュート、BAなどの行動を続けて繰り出すことが可能で各行動の起点になる。弾を放ち相手を牽制しながら距離を詰めたり設置技に繋げることが可能。

ボタン長押しで設置技に変化。後隙が少なく気軽に設置できるが2秒ほどしか持続しない上にヒット後の状況が良くない。主に牽制や他の設置技を撒くための時間稼ぎ用。

サイドシュート

4、6Y。草の塊を設置する技。設置物にも攻撃判定があり触れた相手にダメージを与えて怯ませる。さらに、設置物は約3秒後に性質変化し、広範囲に毒物を散布する。(以後このような設置物の時間経過による性質変化を生育と呼ぶ。)

毒物のヒット時、約7秒間防御力ダウンのデバフを付与。毒物には弾消し判定があり、しばらく弾を無力化できるという嬉しい効果も。毒物は強判定で、共鳴している相手にも有効。

設置物は弾強度が低く、相手の弾で消されやすいのが難点。

生育後の攻撃が強力で近くにあるだけで相手にかなりのプレッシャーを与えることが可能。このように設置物が近くにある状態で近距離戦を仕掛けるとかなり強力。

共鳴時は設置する個数が2つに増え、生育までの時間が約2秒に短縮される。

フロントシュート

8Y。前方へエネルギー刃を放つ技。フェイズチェンジ対応技。リーチ、上方向への攻撃範囲に優れ、上空の相手を撃ち落とすことが可能。また、ジュカインのシュート技の中ではずば抜けて弾強度が高いのも特徴で、相手の弾をかき消すことも可能。強判定なので共鳴している相手にも有効なのも特徴。その他、発生Fが最速なので確定反撃に用いたり、つかみ攻撃に対する反撃技(暴れ)としても使用できたりする。

一方で後隙が大きく密着でガードされると確反を取られてしまうのが難点。横方向への攻撃範囲が狭く、横移動している相手に当たらないのにも注意。

バックシュート

2Y。その場でしゃがんで周囲に蔦を展開する、3段構成の打撃攻撃。派手な見た目に反し弾を打ち消したりはできないので注意。連続ヒットすると吹き飛ばしが発生する。弱判定。

約4秒間この技を維持すると共鳴ゲージが微上昇し体力を回復できる。さらに、自身についているデバフの付与時間を短縮できる。ただし、効果を発揮するまでの時間が長く、この効果が得られることは稀。遠距離攻撃が少ないポケモンが相手の場合かつ、設置物があって接近を抑制できている状態なら使えるチャンスがある。

ステップジャンプで動作をキャンセル可能。

この技最大の特徴は、FPでありながらしゃがみ状態になれること。ハッサムやカイリキーのブロック攻撃、ミュウツーのはかいこうせんといった上段攻撃を回避し、そのまま反撃に繋げることが可能。また、つかみ攻撃への耐性があり暴れで使用することもできる。

ジャンプシュート

JY。草の竜巻を設置する技。設置物自体には攻撃判定が皆無(一応相手が設置物に触れればダメージを受けるが怯まない)だが設置してから約4秒後に生育し相手を自動追尾して攻撃してくれる。生育まで持ち込めば基本的に相手にガードを強要できるので他の設置技を使ったり距離を詰めたりするチャンス。また、後述のホーミング格闘と組み合わせると強力。うまく組み合わせればガードクラッシュも可能

強力な攻撃能力を持つ反面、生育までに消されてしまいやすいのが難点。弾強度が低く相手の弾に接触すると消されてしまうだけでなく、ジュカインが相手の攻撃を受ける攻撃をガードすると消滅してしまうという特殊な消滅判定が存在しており、相手の攻撃を受けにくい状況で使用したり、相手の攻撃を的確に回避したりする必要がある。

ポケモンわざ

タネマシンガン(準備動作)

5A。専用のジャンプ動作。タネマシンガンの前動作であるだけでなく、Bボタンの通常ジャンプと同様、やどりぎのタネ以外の各空中行動を繰り出すことが可能。ただし各空中行動に移行できるまで少し時間がかかる。

着地硬直が小さめ、滞空時間は長めでジャンプ中の軌道も細かく操作可能と小回りの利くジャンプ動作。FPは通常ジャンプの着地硬直が大きいのでこういった小回りの利くジャンプがあるのはジュカインのすごい所の一つ。

タネマシンガン

5AA。上空から種を発射して攻撃。種は設置してから約2秒後に生育し、相手を上方向に打ち上げる蔦に変化。種自体が強力な攻撃手段であるだけでなく、設置後の蔦も相手の足元からすぐさま生えてくるので固めとして有用な技。空中から撒くので相手の攻撃を回避しつつ撒けるのも強力。共鳴中は生育までの時間が1秒半ほどにまで短縮。連続で撒くだけで相手は下手な行動ができなくなり、さらに強力な固め手段に。

種は撒く方向や、軌道を細かく操作可能。逆に細かく操作できすぎるので慣れない内は明後日の方向に種を撒いてしまう恐れあり。

着地硬直が大きいので密着で出してしまうと相手の技を確定で貰ってしまう場合があるので注意。

リーフブレード

8A。尖った葉っぱで相手を切り裂く、ジュカインの代名詞とも言える技。フェイズチェンジ対応技。長大なリーチを誇るブロック攻撃で、攻撃範囲がかなり広い。さらに発生Fも速めで、中距離における強力な攻撃手段となる。

技の先端がヒットすると大きなダメージを与え、相手をダウンさせた状態からDPを始めることが可能。先端ヒットでなくてもクリティカルヒット時は相手を必ずダウンさせる。弾消し効果があり、設置系の弾を消すことも可能。さらに強攻撃なので共鳴している相手にも有効。

使用後の後隙がとても大きいのが最大の難点。密着でガードされた場合は勿論、一部のポケモンは離れた位置からでもこの技の確反を取れる手段を持っているので注意。

速い発生Fの代償として、ブロックできる時間が短いのも難点。このように、多段ヒットする攻撃に対してリフブレで切り返そうとするとブロックしきれずにダメージを受ける。

りゅうのいぶき

8AA。竜の息吹きで巨大な渦を発生させる。共鳴時のみリフブレから続けて出せるブロック属性の専用派生技。フェイズチェンジ対応技。リフブレ以上に広い攻撃範囲が特徴的。また、リフブレとは連ガになっており、かつこの技には確反がないので実質共鳴中はリフブレの確反がなくなるガードクラッシュ対応技。広範囲攻撃によるガード破壊は非常に強力で、タネマシンガンなどでガード耐久値を削った際などに狙える。

みきり

2A。相手の攻撃をブロックした後、ジャンプ動作に移行し真下に毒物を散布する当て身技。毒物はサイドシュートの物と同様、約7秒間相手に防御力ダウンのデバフを付与。なんとヒット時だけでなくガード、ブロック時にも付与する。毒物は強判定で共鳴している相手にも有効。ジャンプ移動後は各空中行動に移行可能。ジャンプに移行する関係上、対空攻撃を受ける可能性があることに注意。

やどりぎのタネ

JA。空中から2つの種を設置。種はタネガンの物と違い攻撃判定は皆無(JYと同様、怯まないが微量なダメージは発生する)だが、約2秒で生育し、相手が接触するとダウン状態させる植物に変化。この植物はフィールドに5秒ほど残り続け、相手の接近を長時間妨害することができる。生育後の植物は強判定で共鳴している相手も寄せ付けない。さらに、他の設置技が軒並み弾強度が低く弾で消されやすいのに対し、このやどりぎのタネは弾強度が高く、生半可な強度の弾は逆に消滅させることが可能。

原作再現でヒットすれば体力をわずかに回復できるおまけ効果つき。

設置時の着地硬直がとても大きいのが難点。遠距離や、他の設置技との連携、フェイズチェンジ直後などに使いたい所。

前後にジャンプしながら撒くことで種と種の間隔を調節することが可能。間隔を狭めれば強固な壁として、間隔を空ければ相手の移動範囲を制限できる。

共鳴時は設置する個数が4つに増え、相手の動きをさらに大きく制限できる。

通常アクション

ホーミング格闘

5X。3段構成の格闘攻撃。ジュカインのホミ格は移動速度に優れるのが特徴。遠、中距離からでも各設置攻撃のヒットを逃さずに拾い、フェイズチェンジまでもっていける。

3段目は溜めることでブロック貫通に。また、相手のガード耐久値に関係なくガードクラッシュ可能。この辺りは他キャラと大差なし。

横入力で大きく回り込みながら相手に接近。これにより一部の弾の誘導を切りながら接近、攻撃可能。

 

3段攻撃であるにも関わらず連ガの部分が一切なく、ブロック等で割り込まれやすいという重大な欠点が存在している。他ポケモンと同じ感覚でぶっぱすると大変危険なので注意が必要。前述のジャンプシュート(生育)との連携でなら安心して繰り出せる。

ジャンプ格闘

JX。空中から相手に斬りかかる技。

空中で一瞬消え、無敵になってから攻撃する。タイミングよく使えばこのように相手の攻撃をすかしつつ攻撃可能

ヒットすると相手をダウンさせた状態からDPを始められる。多段ヒットするので、噛み合い方次第では相手のブロックを突破できるのも強み。

動作中にRボタンを押すと攻撃をキャンセルしぶら下がり状態に移行できる…のだがキャンセルできるタイミングがかなりシビア。(空中で消えているタイミングだけ)

 

通常ブロック攻撃

普通のブロック攻撃。回し蹴りで攻撃。

発生が速く、リーチ、上方向の攻撃範囲も広い、とかなり優秀なブロック攻撃。上空から攻撃してくるリザードンのホミ格も潰せる。2段ヒットするので相手のブロックを潰しやすいのも地味ながら強い。頼りになる優秀な近距離技

通常つかみ攻撃

普通のつかみ攻撃。基礎ダメージ量は80とそこそこな部類だがリーチが長めで少し離れた相手にもヒットするのが特徴。発生Fは最速で確反を取る際に有用。攻撃後距離が離れるので距離を取った状態からDPを始められる。

共鳴時は攻撃モーションが変わり、基礎ダメージ量が120にまでアップ。

特殊アクション

ジャンプ中にRを押すことで専用アクション、ぶら下がり状態に移行可能。一定時間(約3秒ほど)空中に留まり、着地のタイミングをずらすことが可能。ただし着地時に大きな着地硬直が発生するので乱用は禁物。FPではダメージの大きい対空技が限られてくるので、体力有利が取れている場合のタイムアップ寸前時にぶら下がりを使うことで相手からの攻撃を受け辛くし、タイムアップ勝利を狙いやすくする使い方が有効。下々の者を見下ろすジュカインがとても神々しい。

おわりに

ざっくりながらFPの技紹介編でした。拙い文章でしたがここまでお読みいただき感謝です!また次回の記事でお会いしましょう!

↓質問箱です。質問、苦情等お待ちしてます。

質問箱

おまけ

第一回F.F.F. 結果発表!! どうもASプリンです ポッ拳アバターコンテスト×グループマッチ企画「F.F.F.」たくさんの参加、投票、コメントありがとう...

FFF総合優勝しました!WiiU時代からの力作アバターだったので素直にうれぴいです!これも日々のジュカイン信仰の賜ですね!やはりジュカインを崇めていれば成功者になれるということが証明できたと思います!ちなみに今回のテーマはデート(原文ママ)なるものでしたが結局色々調べたり考えたりしてもこの単語が意味するものが理解できませんでした!男女間の淫行と関係のある行事であるということまでは分かったのですがその先が分からなくて…ごめん^^;

それと、ジュカインの背中の球体は胞子のうじゃなくて樹木を元気にする栄養の詰まった種なので誤解なきようお願いします。お願いします。

ABOUT ME
ジュカイン信者
ジュカイン信者
ジュカインがいきがい。未熟ながらアーケード版のジュカイン実装時からポッ拳を続けています。ポッ拳以外にも多くのポケモンのゲームをプレイし、ジュカイン信仰に努めています。趣味はSNSで奇行に走ること。よろしくお願いします。