ポケモン

あるけ!カイリキーくん【映画おめでとうミュウツー編】

 

こんにちは、ポポポです。ミュウツーの逆襲evolution、そろそろ観に行きたいですね。

そんなこんなで今回はミュウツー編。テンキー表示についてはこちらを参照にしてください。

【ポッ拳DX】フレームを理解して駆け引きをより楽しもう!はじめに どうも!今回が3回目の記事となります。たわしです。 さて、前回の記事でも少し触れたように ポッ拳では通常攻撃、ブロック攻...

FP、頑張ろう

上記の通りです。FPは頑張りましょう。ミュウツー側は共鳴ゲージを溜められると相当にきついので死ぬ気でフェイズを取ろうとしてきます。こちらは基本的に極力変なことをせず真っ当に戦っていきましょう。ガードして近づく、ですよ。

1つ注意点を上げるなら、ジャンプはバリアーを見た時以外はほぼ押さないようにすることです。ミュウツーのホーミング格闘1段目の打点が非常に高く、不用意なジャンプはまず潰されます。やめましょう。逆にバリアーは飛ぶことで大体の行動を凌げます。見てから飛びつつジャンプ格闘でお仕置きしていきましょう。

壁を背負わせ2Yを擦れ

カイリキーの2Yガード後の2Y。ミュウツー戦では中央では後飛び以外、壁端では飛び自体を咎められます。近距離では隙あらば2Yを押して有利を取りつつこちらの流れに持っていきましょう。これを嫌がってねんりきやほのおのパンチなどをどこかしらで撃ってくるので、これを読んで上手く捌けると最高です。

ちなみに2Yとガード後同じフレームである5Yや未強化空手のあとはノックバックが小さいあるいはめり込むため、中央でも2Yで後飛びを撃ち落せます

実際の立ち回りとしても6Yより2Yをやや多めにしていきましょう。6Yだと空ダJYで負けてしまう場面も2Yならなんとかなった、ということもそこそこあったりします。ただ、相手の飛び方次第で普通に躱されつつJYを通されることもあるので過信はしないようにしましょう。

サポート・応援

特殊型ジラーチが基本です。ミュウツーよりは先に溜まりやすく、この組み合わせでは1ラウンド1共鳴の展開を作りやすいです。FPがじっくりとした試合展開になることが多く、ジラーチが溜まっている状況も少なくありません。どんどん使っていきましょう。

最後に

焦って突っ込むといい的になるので先述の通りじっくり攻めていきましょう。小技の使い方がカギになると思います。

総じて相性としては悪くないと思うので上手く立ち回っていきましょう。

おまけ
没アイキャッチ

ABOUT ME
Popopo
Popopo
自称関西ポッ拳勢のにぎやか担当。ポッ拳はアーケードから。JAN拳という関西ポッ拳イベントのスタッフ見習いをしています。持ちキャラは戎崎氏と同じくカイリキー。