ポケモン

あるけ!カイリキーくん【怪獣バトル!ガブリアス編】

 

こんにちは、ポポポです。好きなサメ映画はシャークネードです。

今回はガブリアス編。テンキー表示についてはこちらを参照にしてください。

【ポッ拳DX】フレームを理解して駆け引きをより楽しもう!はじめに どうも!今回が3回目の記事となります。たわしです。 さて、前回の記事でも少し触れたように ポッ拳では通常攻撃、ブロック攻...

間合いの見極め

FPはまずフロントシュートの当たらない間合いを意識していきましょう。ガブリアスのフロントシュートは前への判定が長く、中距離でのこちらの安易なホーミング格闘は大体潰されてしまいます。しかし、逆に当たらない距離から横入力でのホーミング格闘を入力してやれば一方的に殴りつけることができます。

例。

同じ要領でこちらのフロントシュートを選択するのも手。

ちなみに、FPでのこちらのシュート連携の殆どはCXで切り返されてしまうので、ご利用は計画的に。

4Yに気をつけろ

ガブリアスの4Yのリーチはカイリキーの6Yのそれより長く、ヒット後そのままコンボ、フェイズチェンジまで持っていかれます。

※最大かどうかはちょっとわかりません。

この間合いに入ったらブロックを構えてみたり、ビルドアップを積んでいればめざましビンタを置いて邪魔をしていきましょう。

また、ガブリアスの構え行動は発生こそ遅いものの、特殊中段、中下段、下段をアーマーで受けつつ少量のダメージを与えるものとなっています。中距離からダウンを奪える6X、2Xはこの対象であり、特に6Xは警戒されやすく撃ちたい距離で構えを置かれて痛い目を見る場合も。構えを多用するガブリアスと対峙した際はこのことを頭の片隅に置いておきましょう。

サポート・応援

特殊型ジラーチで行きましょう。理由はミュウツー編と同じです。

ミュウツー編はこちら。

あるけ!カイリキーくん【映画おめでとうミュウツー編】 こんにちは、ポポポです。ミュウツーの逆襲evolution、そろそろ観に行きたいですね。 そんなこんなで今回はミュウツー編...

最後に

この組み合わせは間合い管理と起き攻めでの択勝負が勝敗を分けます。ちなみにガブリアスの掴みの発生が遅めなのもあり、掴み読みの技がいつもの8XだけでなくJYなども候補に出来るということも覚えておきましょう。

ABOUT ME
Popopo
Popopo
自称関西ポッ拳勢のにぎやか担当。ポッ拳はアーケードから。JAN拳という関西ポッ拳イベントのスタッフ見習いをしています。持ちキャラは戎崎氏と同じくカイリキー。