MENU
ポケモン

あるけ!カイリキーくん【暴走!ダークミュウツー編】

 

こんにちは、ポポポです。wcsも間近ですね。かといって記事の内容が変わるでもないのでいつも通りやっていきましょう。

今回はダークミュウツー戦。テンキー表示についてはこちらを参照にしてください。

【ポッ拳DX】フレームを理解して駆け引きをより楽しもう!はじめに どうも!今回が3回目の記事となります。たわしです。 さて、前回の記事でも少し触れたように ポッ拳では通常攻撃、ブロック攻...

下手な空手よりじっくりガード

FPは大変に息苦しい耐久レースとなります。我慢、我慢、我慢です。

少しでも楽に前進しようとシュートやジャンプシュートを中距離から空手で消してしまうとフロントシュートやかえんほうしゃで後隙を逆に狩られてしまうことも。大人しくガードしましょう。

逆に、空手が当たる距離でのシュート系に対しては容赦なく空手を叩き込みましょう。

フロントシュート。カイリキーにとってかなり厄介な技です。

相手の動きをよく見る

続いてDP。中距離からの6Xや2Yが厄介。ただ近づくだけでなく、当たらない距離でやり過ごしつつ6Xが飛んで来たらジャンプで躱しつつJYを当てたり、スカして2Xなどのコンボ始動技をかますのも一つの手です。

また、テレポートをどう対処するかというのも課題です。例として6Yはガードされると2段目をテレポートで躱されてしまいます。中央であれば1段目のみ撃ってテレポートしたところに6Xや2Xを置いたり、X派生まで無理やり出し切るなど。壁端であれば後隙を5Xで狩って有利状況を継続させていきましょう。

ちなみにダークミュウツー戦は強引な空対空JYはリフレクターで防御されつつかえんほうしゃで返り討ちに合う危険性があるので控えましょう。

サポート・応援

特殊またはサポート特化型イーブイ(ミュウ)で行きましょう。共鳴バーストの回転率ではまず勝てないので攻撃バフで対抗しましょう。ミュウはバフ効果がやや短いことやランダム性こそありますがクリティカルバフも含めた爆発力、共鳴ゲージ回収というメリットもあるので好きな方を。

最後に

壁端の大渦は無理せずガードしましょう。

ダークミュウツー側はミスした際のエグさ、カイリキー側は攻め込むことの難しさもあって双方より緊迫した戦いになりがちです。我慢強く立ち回っていきましょう。

おまけ:没アイキャッチ

ABOUT ME
Popopo
Popopo
自称関西ポッ拳勢のにぎやか担当。ポッ拳はアーケードから。JAN拳という関西ポッ拳イベントのスタッフ見習いをしています。持ちキャラは戎崎氏と同じくカイリキー。