ポケモン

あるけ!カイリキーくん(FPでの投げ読み編)

こんにちは、ポポポです。自分のPNのあまりの発音のしにくさに絶望してます。

今回は投げ読みの行動、FP(フィールドフェイズ)編です。

 

その1:ホーミング格闘

 

FPでの投げ読みの基本となります。ホーミング格闘の1段目に投げへの耐性が付与されていること(全キャラ共通)、カイリキーのホーミング格闘が威力・攻撃強度・発生共に優秀なため、投げ読みでなくとも振っていける技です。Wiiu版ではヒット後相手はガードしないと6Y、キャラや壁状況によっては5Yが確定するというインチキ技でしたが現在は修正されています。現在はヒット後の状況は空中ヒット時以外そんなによくないです。フレーム状況としては有利ですが距離がやや離れるためです。

 

ホーミング格闘。以前が強すぎた。

 

 

その2:ホミ格ファジーからのシュート空手

 

ホミ格ファジーで二択を回避しようこんにちは、ウホです。 フィールドフェイズ(FP)における最重要テクニックである「ホミ格ファジー」について解説していきます。 ...

ホミ格ファジーについてはこちらの記事を参照してください。

ファジーからのシュート空手も投げに対する解答の一つとなります。シュート編で紹介しましたがシュートがクリティカルヒットするか、特定の距離・壁状況、持続当てでのみシュート空手は繋がります。特にビルドアップ使用時、共鳴バースト時の「からてチョップ」のヒット後の状況はとてもいいです。有利フレーム自体はホーミング格闘と同じですが、こちらはダメージ、距離状況が近いです(未強化時はホーミング格闘のほうがダメージ、フレームとしての状況は上)。状況によって上手く使い分けましょう。

決まるとこんな感じ。

おまけで通常時も載せておきます。

 

 

その3:ジャンプ格闘

ヒット後の状況としては強化空手に後れを取りますが、ジャンプの投げ無敵を利用することもまた一つの手。

振り下ろすまでが早く、距離状況も悪くないです。

また、読み違っていても相手の技がスカっていた場合差し込みやすいです。

 

番外編:ジャンプシュート

禁忌。こちらがやや不利(-4)状況での投げをわからせる目的で極稀に使用。威力はお化け。

弾速が遅いため確定を取れないこともままあります。普段はジャンプ格闘を使用しましょう。

 

まとめ

ホミ格:強度、安定重視

ファジーシュート空手:距離状況、(強化時)威力、フレーム状況重視

ジャンプ格闘:ジャンプによる投げ無敵利用

ジャンプシュート:禁忌

という感じです。基本上記3つを上手く使い分けてやれるといいですね。

次回の内容は来週の木曜日に決めます。お楽しみに。

ABOUT ME
Popopo
Popopo
自称関西ポッ拳勢のにぎやか担当。ポッ拳はアーケードから。JAN拳という関西ポッ拳イベントのスタッフ見習いをしています。持ちキャラは戎崎氏と同じくカイリキー。