ポケモン

デュエルフェイズの通常技を紹介!【ジュカインは神(技紹介編③)】

はじめに

技紹介編も第3回目です。今回はデュエルフェイズ(以下、DP)の通常技を紹介します。

テンキー表記を使用します。分からない方はこちらを参照してください。ちなみにテンキー表記はジュカインが左側に位置している場合を想定しています。

【ポッ拳DX】フレームを理解して駆け引きをより楽しもう!はじめに どうも!今回が3回目の記事となります。たわしです。 さて、前回の記事でも少し触れたように ポッ拳では通常攻撃、ブロック攻...

弱攻撃

5YY

腕、足を交互に使った2段攻撃。

・ポケモンわざ、ステップを続けて出すことができます。特定のポケモンわざを繰り出すことでコンボになります。攻撃をブロック等された場合も、後方ステップで距離を取ったり、後述のタネマシンガン(準備動作)を出すことでクリティカルヒットになるのを防いだりすることができます。

・発生Fは最速ではないがやや速い方。後隙が大きい技にはこの技でも確定反撃が取れることがあります。

・弱判定なので共鳴している相手には使用できません。

・1段目にはフェイズチェンジ値がなく、2段目にのみ存在します。

2段目は溜めが可能で、最大まで溜めるとブロック貫通属性、ガードクラッシュ属性を付与することができます。

・1段目をヒット、ガードさせた状態からでなければ出すことができないので起き攻めには使えないものの、ブロックで1段目と2段目の隙間に割り込もうとしてくる相手に有効となります。

・最大溜めをガードされるとジュカイン側が大きく後ろに下がり、相手との距離ができます。これを活かし、近距離戦からジュカインがより得意とする中距離戦へと移行することが可能。ヒット時、ガード時ともにジュカインにとっておいしい展開となります。

・最大溜めはダメージ補正が緩く、通常時では考えられないほどのコンボ火力が出ます。

・最大溜めは決まれば強力ですが、当然溜めている間に相手から攻撃を差し込まれてしまう可能性もあります。あくまで打撃択の一つとして認識するのが良いでしょう。

ポケモンわざやステップ、2段目の溜めなど様々な行動に繋げられることから自由度の高い攻撃と言えます。特にコンボ始動としてよくお世話になる技です。

8Y

上方向に毒液を発射する対空攻撃。

・頭無敵があり、空中から攻撃してくる相手に有効な技。

・通常技でありながら防御力ダウンのデバフを付与することができるという破格の性能を持ちます。通常ヒット時のデバフの持続時間は6秒ですが、壁に張り付いた相手に何度もヒットさせる等するとデバフを大量につけることができ、持続時間が大幅に伸びます

・弱判定なので共鳴している相手の飛びは咎めることができません。

技を出し終えた後も攻撃判定が約1秒ほど持続するのがこの技の特徴。

・単純に攻撃判定が長いため、空中にいる相手への当たりやすさは抜群。

・相手をダウンさせたとき、8Yの持続部分を起き上がりに重ねることで莫大な有利Fを稼ぐことができるため、リスクの低い起き攻めを仕掛けることができます。持続部のみヒットした時はデバフの持続時間が短くなり、3秒ほどになります。

・持続部のみヒットした場合はフェイズチェンジが発生しません。

ピカチュウ、テールナーのような低身長ポケモンには持続が重ねられないので注意。
対空だけでなく、地上での置き攻めデバフの付与など多彩な局面で使用できる優秀な技と言えます。

6YY

前方、上方向に2段攻撃を繰り出す技。

・地上にいる相手に単体で使っても相手がダウンしないのでリターンが取れません。専ら空中に浮きあがった相手への追撃として用います。

・攻撃後にRを押すとぶらさがり状態に以降可能。

・2段目はガードクラッシュ対応技

・5YYとは違ってこちらには1段目、2段目共にフェイズチェンジ値が存在します。

2段目を少し遅らせて出す(ディレイ)ことでヒット時の軌道が変化し、さらなる追撃が可能になります。相手との位置が入れ替わるので壁を背負っている状態で使えば、逆に相手に壁を背負わせることができます。

ディレイが実戦で安定して出せるようになればあなたも立派なジュカイン使い。ディレイの徹底的な練習がジュカインに幸せに導いてもらうための必須条件と言えるでしょう。
空中の相手に追撃できるコンボ技として有用です。ただし、その性能を発揮するにはディレイができるようになる必要があります。鍛練あるのみ。

2Y

しゃがみながら足払いを繰り出す技。

上段攻撃を回避し即座に反撃することが可能です。

・他のポケモンの2Yと異なり発生が最速ではなく、ヒットしてもコンボに繋げることができないものの、ヒット時は莫大な有利フレームが発生し強気に技を振ることが可能になります。

・弱攻撃でありながら強攻撃並みの打撃強度を持ち、相手の打撃とかち合った場合は高確率で競り勝てます。

後隙が少なく、リーチも長い

・フェイズチェンジ値が0なので、フェイズチェンジを起こすことなく攻勢に出ることができます。

・弱判定であることが難点。

下段技であるため、8Xなどの下段無敵技には負けてしまう点にも注意が必要。

低リスクでありながら大きなリターンが狙える非常に優秀な近距離技。積極的に頼りにしていきたい技ですが、下段無敵技には注意。

JY

手から蔦を伸ばして攻撃する技。

リーチが反則的に長く、遠くの場所、高所でジャンプしている相手を容易に撃ち落とすことができます。

・発生も速く、ジャンプの挙動が速いポケモンも即座に捉えることができます。

・フェイズチェンジ値0。ただしヒット数が大きく、21hitによるフェイズチェンジ条件を満たしてしまいやすい。

・弱判定。

使用後の着地隙がやや大きいのも難点。前ジャンプから使用する際は注意が必要です。

蔦を出す方向を調節することが可能。下方向に撃つことでコンボ中の追撃や、ジャンプからの差し込み手段として使うこともできます。

対空コンボに組み込むことで威力を発揮する技と言えます。

X攻撃

5X

裏拳を叩き込む技。

・他の打撃技と比べて火力が高めで、大きなダメージが見込めます。

上段攻撃なのでしゃがみで回避されてしまう一方で、ジャンプしている相手にも当てやすいという利点もあります。

・5YYと同様、ステップ、ポケモンわざを続けて繰り出すことができます。特定のポケモンわざを出すことでコンボができる他、ステップによる距離調節など5YYと同様の自由度の高い行動が可能です。

・5Xは攻撃そのものをキャンセルしてステップを出すことも可能。

ガードクラッシュ対応技

・強判定なので共鳴している相手にも有効。

溜めが可能で、ブロック貫通属性を付与できます。

・5YYの2段目と異なり単発で出せるので起き攻めとして使用できます

・溜めを見せつつ、ステップで動作をキャンセルしてつかみ攻撃を出すことでブロック貫通の攻撃か、つかみ攻撃かの強力な2択を強いることができます。しかし、上級者にはしゃがみなどの行動で対処されてしまうのがネック。

高火力の打撃技な打撃技であり、コンボ置き攻めで使用可能な技です。上段なのでジャンプしている相手に当たることも。しゃがみには注意。

8X

上空からのかかと落とし。

つかみ耐性があり、相手のつかみ攻撃に対しての反撃(暴れ)として使うことができます。

・下段無敵があり、2Yなどの下段技に対して有効

・強判定。

・ダメージの割りにフェイズチェンジ値が高く、コンボ火力が伸びにくい。

発生が遅いのが難点。特につかみ攻撃の持続に対して8Xを出すとガードやブロック攻撃が間に合ってしまうので暴れとして成立しません。できたら暴れは4X、空中技などで行いたい所。
発生の遅さにより機能し辛く、少し使い所に困る技。2Yで攻めてくる相手に対し、下段無敵で対抗したいときはお呼びがかかるかも。

4X

尻尾でたたきつけて相手をかち上げる攻撃。

・8X同様つかみ耐性があり、暴れに使えます。

・通常ヒットではコンボに移行できないものの、空中ヒット、クリティカルヒット時は相手を大きく浮かせるので色々な技で追撃可能。8Xよりも発生が速いので、つかみ攻撃を読んだら基本的にはこの技でOK。

・無敵発生が遅いものの頭無敵もついているため上段攻撃への反撃にも使えることがあります。

・弾消しがついており、相手の設置系の弾の処理に使うこともできます。

ガードクラッシュ対応技

・強判定。

クリティカル不可のデバフがついている時は暴れに成功してもコンボに移行できないので8X、JYで代用しましょう。

壁際でヒットさせると相手が壁に張り付くのでコンボに移行可能。強攻撃であることと合わせ、共鳴している相手への数少ない有効な打撃択になります。

主に暴れで用いる技です。他に対空弾消し置き攻めにも使えるなど多彩な性能を持ちます。

2X

スライディングで攻撃。

上段攻撃を回避しながら攻撃することができます。特にミュウツーのサイコカッター、マスクド・ピカチュウのほうでんといった飛び道具系の上段攻撃に有効。

・通常時でも出せる唯一の突進技。隙を見計らって相手との距離を一気に詰めることもできます。

・相手をダウンさせることができるのでフェイズ継続狙いのコンボの〆としてもよく使います。ガードクラッシュ対応技

・強判定。

後隙が大きく、ガードされるとつかみ攻撃などで確反をもらうので注意。
上段技の飛び道具への切り返しやコンボでダウンを取りたいときの選択肢が主な用途。

JX

空中から相手に斬りかかる技。

・モーションが素早く、ジャンプ後の着地隙を狙ってくる相手に奇襲を仕掛けることができます。

・FPのジャンプ格闘とモーションが同じなので間違えやすいですが、あちらと異なりこの技にはガードクラッシュ属性がありません。

・フェイズチェンジ値0。

・強判定。

空中で一瞬無敵になることができ、このように上方向への攻撃が弱い通常ブロック攻撃などの攻撃を回避し潰すことが可能です。

これらの性能を活かし、着地時の奇襲や、相手の攻撃に対する切り返し手段として使えます。

通常アクション

通常ブロック攻撃

普通のブロック攻撃。

リーチが長くジャンプで回避されにくい発生も早いとかなり優秀な性能。

・最大溜めがヒットした場合はコンボに移行できます。非溜めでもクリティカルヒットすると相手をダウンさせ、攻勢に出ることが可能に。

・ガードクラッシュ対応技

・強判定。

攻撃範囲が広く、特に癖もないことから近距離における優秀な攻撃手段となります。

通常つかみ攻撃

普通のつかみ攻撃。

・DPで使える唯一の最速発生技確反を取る際にお世話になります。

・リーチがやや長く、少し離れた相手もつかむことが可能です。

・基礎ダメージ量は90と低い部類に入りますが、防御力ダウンのデバフ、壁張り付きのダメージなどである程度補うことが可能。

・ダメージこそ低いものの、設置を扱うことから相手にガードを強要する場面を作りやすく、有効な攻撃になりやすいです。

共鳴時はモーションが変化し、ダメージが149まで強化されます。根性補正、防御力ダウンのデバフなどを合わせるとさらに上乗せされ、驚異的なダメージを与えることも可能。

ダメージこそ低いものの、ガードを誘発しやすいため刺さる場面が多い技。確反も取れる。

専用アクション

ジャンプ中にRを押すと蔦に掴まり、ぶら下がり状態に移行できます。約3秒ほど空中に留まることができ、着地のタイミングをずらしたり、タイムアップ前に相手の攻撃を受けにくくするなどの行動が可能。

ジュカインが相手を見下ろす姿がとても神々しいですね。やはりジュカインは何者よりも優れている存在なので積極的に下々の者たちを見下ろしていきましょう。ちなみにこの蔦、どうやら天から伸びてきているようなのですがこれもジュカインが神たる所以なのでしょうね。

おわりに

通常技を中心にDPの技を紹介しました。次回は今回紹介していないポケモンわざについて紹介しようと思います。拙い文章でしたがここまでお読みいただきありがとうございました。また次回の記事でお会いしましょう。

https://peing.net/ja/sceptile_shinja?event=0

質問箱です。質問、苦情等お待ちしてます。

ABOUT ME
ジュカイン信者
ジュカイン信者
ジュカインがいきがい。未熟ながらアーケード版のジュカイン実装時からポッ拳を続けています。ポッ拳以外にも多くのポケモンのゲームをプレイし、ジュカイン信仰に努めています。趣味はSNSで奇行に走ること。よろしくお願いします。