ポケモン

デュエルフェイズの通常技を紹介!【ジュカインは神(技紹介編③)】

はじめに

技紹介編も第3回目です。今回はデュエルフェイズ(以下、DP)の通常技を紹介します。

テンキー表記を使用します。分からない方はこちらを参照してください。ちなみにテンキー表記はジュカインが左側に位置している場合を想定しています。

【ポッ拳DX】フレームを理解して駆け引きをより楽しもう!はじめに どうも!今回が3回目の記事となります。たわしです。 さて、前回の記事でも少し触れたように ポッ拳では通常攻撃、ブロック攻...

弱攻撃

5YY

腕、足を交互に使った2段攻撃。ポケモンわざ、ステップを繰り出すことが可能でコンボの要になる技。また、攻撃をブロック等された場合も、後方ステップで距離を取ったり、後述のタネマシンガン(準備動作)を出すことでクリティカルヒットになるのを防いだりすることができる。また、発生Fがやや速く、一部の技の確反を取れる。

2段目は溜めが可能で、最大まで溜めるとブロック貫通属性、ガードクラッシュ属性が付与され、強判定になる。単発で出せないので起き攻めには使えないものの、1段目と2段目の隙間にブロックで割り込もうとしてくる相手に有効。

最大溜めをガードされるとジュカイン側が大きく後ろに下がり、相手との距離が離れる。これを活かし、近距離戦からジュカインがより得意とする中距離戦へと移行することも可能。

8Y

上方向に毒液を発射する。頭無敵があり、空中から攻撃してくる相手に有効な技。通常技でありながら防御力ダウンのデバフを付与することができる。通常ヒット時は付与時間は6秒だが、壁に張り付いた相手に何度もヒットさせる等するとデバフを大量につけることができ、持続時間が大幅に伸びる

攻撃判定の持続が長いのが特徴。ちなみに持続部のみがヒットした場合フェイズチェンジ値の消費が0になる。

8Yの持続部分を起き上がりに重ねることで地上での起き攻めとしても使用可能。大きな有利Fが稼げるのでリバサでブロックやアーマー技を出されても見てから対処可能なのが強み。ただしピカチュウ、テールナーのような低身長ポケモンには持続部がヒットしないのでこの起き攻めは使えない。

6YY

前方、上方向に2段攻撃を繰り出す技。ほぼコンボ用の技。攻撃後にRを押すとぶらさがり状態に以降可能。

2段目を少し遅らせて出す(ディレイ)ことでヒット時の軌道が変化し、さらなる追撃が可能。さらに、相手との位置が入れ替わるので壁を背負っている状態で使えば、逆に相手に壁を背負わせることができる。これが実戦で安定して出せるようになればあなたも立派なジュカイン使い。ディレイの徹底的な練習がジュカインに幸せに導いてもらうための必須条件と言えるでしょう。

2Y

しゃがみながら足払いを繰り出す技。優れたリーチ、やや速めの発生F、強攻撃並みの打撃強度など、様々な強みを持った強力な打撃技。それでいてヒット時はコンボには移行できないものの、莫大な有利Fが発生するのでリターンが大きいのが特徴。また、下段技なので上段攻撃への切り返しにも使える。

設置物との連携に優れるのも特徴。設置を撒いてから2Yを置くことで、歩きステップで足元にある設置から逃れようとする相手の行動を咎めて設置に引っ掛けやすくすることが可能。

ガードされた場合も相手のラインを少し後ろに下がるので、設置がある方向へ相手を押し戻すことが可能。

JY

手から蔦を伸ばして攻撃する技。コンボパーツとして有用な技である他、単体でも対空やジャンプからの差し込み手段として使用可能。対空では、リーチがかなり長いので遠くの場所、8Yが届かない位置の相手にも届くのが特徴。発生も速く、ジャンプの挙動が速いポケモンも捉えやすい。

使用後の着地隙がやや大きいのが難点。

蔦を出す方向を調節することが可能。ジャンプからの差し込み、コンボでは主に下方向で撃つことになる。

強攻撃

5X

裏拳を叩き込む技。上段攻撃であり、しゃがみで回避されてしまう一方、ジャンプしている相手にも当てやすいという利点も。5YYと同様、ステップ、ポケモンわざを続けて繰り出すことが可能。特定のポケモンわざを出すことでコンボができる他、ステップによる距離調節など5YYと同様の自由度の高い行動が可能。また、5YYにはない特徴として5Xの動作自体をステップでキャンセルすることもできる。

溜めが可能で、ブロック貫通属性を付与できる。

攻撃をキャンセルできることを活かし、ブロック貫通の攻撃か、つかみ攻撃かの強力な2択を強いることができ、起き攻めとして有用。しゃがみには注意。

8X

上空からのかかと落とし。つかみ耐性があり、つかみ攻撃に対しての反撃(暴れ)として使用可能。また、下段無敵があり、2Yなどの下段技に対して有効

発生が遅いのが難点。つかみ攻撃の持続に対して8Xで暴れるとガードブロックが間に合ってしまう始末。暴れには後述の4Xを用いた方が安全。

4X

尻尾で相手をかち上げる攻撃。8X同様つかみ耐性があり、暴れ技として有用。8Xよりも安定した暴れ技であり基本的にはこちらを選択したい。通常ヒットではコンボに移行できないものの、空中ヒットクリティカルヒット時は相手を空中に打ち上げるので色々な技で追撃可能。無敵発生が遅いものの頭無敵もついているため上段攻撃への反撃に使えることも。地味に弾消し効果もある。

クリティカル不可のデバフがついている時は暴れに成功してもコンボに移行できないので8X、JYなどで代用。

壁際でヒットさせると相手が壁に張り付くのでコンボに移行可能。強判定であることと合わせ、共鳴している相手への有効な打撃択に。

2X

スライディングで攻撃。ジュカインの技の中では唯一の突進技。上段攻撃を回避しながら攻撃可能で、ミュウツーのサイコカッター、マスクド・ピカチュウのほうでんといった飛び道具系の上段攻撃に有効。相手をダウンさせることができるのでフェイズ継続狙いのコンボの〆としても有用。

後隙が大きく、ガードされるとつかみ攻撃などで確反をもらうので注意。

JX

空中から相手に斬りかかる技。

空中で一瞬無敵になってから攻撃するため、タイミング次第では相手の攻撃を回避しながら反撃することが可能。特に上方向への攻撃が弱い通常ブロック攻撃などへの切り返しに。

前に進む技とかち合うとめくられてしまうのが難点。後ろには攻撃判定がないためめくりが発生すると技がスカってしまう。

通常アクション

通常ブロック攻撃

普通のブロック攻撃。リーチが長いジャンプで回避されにくい発生Fが早いとかなり優秀な性能。最大溜めがヒットした場合はコンボに移行可能。溜めていなくてもクリティカルヒットすると相手をダウンさせられるのでリターンが大きい。

通常つかみ攻撃

普通のつかみ攻撃。リーチに優れ、やや離れた相手にもヒットするのが強み。また、DPで使える唯一の最速発生技なので確反を取る際に有用。基礎ダメージ量は90であり低い部類だが、防御力ダウンのデバフである程度補うことが可能。

共鳴時はモーションが変化し、ダメージが149まで強化。根性補正、防御力ダウンのデバフなどを合わせるとさらに上乗せされ、驚異的なダメージを与えることも可能。

専用アクション

ジャンプ中にRを押すと蔦に掴まり、ぶら下がり状態に移行可能。約3秒ほど空中に留まることができ、着地のタイミングをずらしたり、タイムアップ前に相手の攻撃を受けにくくするなどの行動が可能。ただし着地時は大きめの着地硬直が発生する。

ジュカインが相手を見下ろす姿がとても神々しいですね。やはりジュカインは何者よりも優れている存在なので積極的に下々の者たちを見下ろしていきましょう。ちなみにこの蔦、どうやら天から伸びてきているようなのですがこれもジュカインが神たる所以なのでしょうね。

おわりに

通常技を中心にDPの技を紹介しました。次回は今回紹介していないポケモンわざについて紹介しようと思います。拙い文章でしたがここまでお読みいただきありがとうございました。また次回の記事でお会いしましょう。

https://peing.net/ja/sceptile_shinja?event=0

質問箱です。質問、苦情等お待ちしてます

ABOUT ME
ジュカイン信者
ジュカイン信者
ジュカインがいきがい。未熟ながらアーケード版のジュカイン実装時からポッ拳を続けています。ポッ拳以外にも多くのポケモンのゲームをプレイし、ジュカイン信仰に努めています。趣味はSNSで奇行に走ること。よろしくお願いします。