大会情報/オフレポ

【激戦を制したのは……】カントートーナメント6をレポート!

こんにちは。エルムです。
今回は先日開催された「ポッ拳カントートーナメント6」のレポート記事となります。
おそらく過去最高に盛り上がった大会になりました。
会場写真を中心にお届けしますので、現場の熱気を感じてもらえればと思います!

ポッ拳カントートーナメント6とは

おさらいですがカントートーナメントは「ポッ拳ユーザーの手による国内最大級のハイレベルトーナメント」です。今回は第6回目の開催となります。

今回のメインビジュアルをはじめ、配信オーバーレイ、賞品ボード、告知画像などのデザインはサキモトさんが担当してくれました。

【開催】
2019/7/14(SUN)
Red Bull Gaming Sphere Tokyo (東京都中野区中野)
9:00~20:00
【来場者数】
見学等合わせて約120名
【公式サイト】
http://pokkenkanto.blog.jp/archives/37523210.html
【トーナメント】
https://smash.gg/tournament/6-3/events/pokken-kanto-tournament-6/overview
トーナメント作成はスタッフのP-さんが担当してくれました。
当日の大会進行はケーキさん、たわしさん、P-さんが行っています。
【動画】
https://www.youtube.com/playlist?list=PL35kipNhMda0AYdkjSvp0DX_wo6oFuyFU
動画アップはSHI-G兼カントースタッフのごしゃさん、サムネイルはP-さんが作成しています。(現在更新中)

今回は3連休の真ん中、超豪華優勝賞品(後述)が出るということもあり、全国から老若男女が集まりました。

設営~予選

参加者に設営指示を出すスタッフのクロスいがらしさん

今回開催にあたり、AOC様に高性能ゲーミングモニター「AGON」シリーズをなんと36台も貸し出していただきました。
AOC様には2018年より継続して開催をサポートしていただいています。本当にありがとうございます。


カントートーナメントはユーザー運営のイベントのため、設営もスタッフ参加者入り混じって行います。

スタッフのクロスいがらしさんが設営指示を出しています
スタッフのあいばさんが作ったレイアウト図を元に設営していきます

非常に多くの参加者が集まりましたが、みんな早めに来場してもらえたこともあり、意外にもスムーズに受付を終えることができました。

スタッフのウホさん、ちぅさんはスムーズな受付方法を予め打ち合わせして来ています

 

大会前のウォーミングアップ
どんどん人が増えていきます
準備ができたら大会スタート
スタッフのふーひさん、モモさんが配信台で実況しています




それぞれの正念場を迎えながら、上位24名のみが本戦へ進みます。

本戦~閉会式

おそらく国内で最もハイレベルな戦いがはじまります


数々のドラマの末にトップ4に残ったのは、
すぶたん選手
クロスいがらし選手
mikukey選手
ユウキ選手
この中からチャンピオンが決まります。

観戦スペースをつくるため、スタッフのSPYさんが率先して片付けをしてくれています。
優勝はすぶたん選手!
優勝すぶたん選手、準優勝mikukey選手、3位クロスいがらし選手
作ってくれたのはもちろんアメリカのポッ拳コミュニティリーダーBurnside

 

今回の優勝者にはキャプチャーボードの超有名メーカーであるAVerMedia様から「ポケモンワールドチャンピオンシップス2019 ポッ拳部門現地予選への参戦サポート権」が送られます!
※航空券・ホテル代の支援です。
歴代のカントートーナメントでぶっちぎりの超豪華賞品となりました。
優勝したすぶたん選手は既に国内の予選大会でWCS本戦への参加権を獲得していた為、繰り上がりで準優勝のmikukey選手が賞品獲得となりました。

表彰式後はAOC川口氏による恒例(?)のじゃんけん大会が行われました。

というわけで大きなトラブルもなく無事に大会は終了。
皆さまありがとうございました!また次回お会いしましょう!

さいごに

これはスタッフのたわしさんが撮影、編集してくれた当日の動画です。
多くの方の協力によってめちゃくちゃ盛り上がる大会にすることができました。
これによりポッ拳シティ化計画を一歩進めることができたと思います。

ポッ拳村をシティにしようこんにちは。エルムです。 前回の記事で僕が主宰を務めているカントートーナメントの紹介をしました。 https://www.pokke...

しかしここで満足はできません。
盛り上がりは継続していかねばあまり意味がないと考えています。
ポッ拳コミュニティが盛り上がって、それを見た周りの人が集まってきてもっと盛り上がって、さらに外側の人が集まってきて……
そうやってポッ拳熱狂の渦がどんどん大きくなっていくことを望んでいます。

今は公式側にあまり動きが見られず、正直厳しい時期ではありますが、だからこそ僕らコミュニティ主導でポッ拳を引っ張っていく必要があります。
いつか来るチャンスの為に、僕らが今から土台を準備していかなければならないのです。
ポッ拳カントートーナメントの代表として、引き続き僕は走ります。
一緒に走ってくれる人が一人でも増えてくれると嬉しいです。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

ABOUT ME
アバター
elm
ゲームの中で特にポケモンが好きな人。ダブルバトルのプレイヤーを経て、アーケード版よりポッ拳にハマる。 スイクンをメインポケモンとし、WCSなどの海外大会に複数回参加。 コミュニティ大会運営団体「ポッ拳カントートーナメント」の代表。